春の野池で50アップを釣る方法!!

野池に春到来!!

三寒四温も始まり、本格的に春になってきました。

魚もシャローを意識しはじめ、いよいよシーズンインですね!

フィールドにも釣り人が増えてきましたね!!

2日間で50アップ2本!!

1日目は、巻きの釣りからフィネスまで幅広く釣りをしました。

もちろん、何となくではなくて、フィールドの状況を掴みたかったからです。

春といえばスポーニングですが、毎日バスのポジションはバラバラで外せば、釣れない事も多々ある季節になります。

僕が個人的にキーとしてるのは、ワンド。

ワンドの浅い側かベイマウスなのか?

これを基準にアプローチ方法を考えるようにしています。

1日目は風が当たらないシャローでバスらしき波紋が見えたので、すかさずジャスターフィッシュ35のDSをアプローチ!!

当日はハイライトで水質もクリアでしたので、カラーは野エビブルー!!

完全にフィッシュの神カラーになってます!!

上手くタイミングが合い50アップが釣れました!!

久しぶりにファイトであせりましたよww

ラインを3LBを使用していたので、ランディングした瞬間切れたので危なくバラす所でしたが、サイトでは、ライトラインのメリットは大きいので、オススメです!!

久しぶりのジグFISH!!

2日目は晴天無風のタフな状況。一見暖かく釣りやすいと思われる状況ですが、それは人間側だけで、バスは日向にやる気なくサスペンドしてるだけパターンがよくあります。

こういう魚は、マジでむずかしいから追いすぎ注意ですw

そんな状況では、カバー撃ちが有効になることが多くあり、ジグにジャスターホッグ33でひたすらカバー撃ちをしました。

もちろん、ハイシーズンのようにテンポよく撃つのではなく、じっくりと丁寧に誘ってあげてください。

また、ジャスターホッグはラインを揺するだけで、パドルが動くので、そういった状況に極めて有効になります。

アプローチを続けていると、ゆっくりラインが走ったので、フルフッキングして釣れたのは、またもや50アップでした。

足場が悪く、取り込みにくい場所やったけど、VALKYRIE611MHでブチ抜きでございました!!

また、時間を見つけて野池にいくで~!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 三重県在住の越智です! 三重野池、琵琶湖、五三川がメインにバス釣りをしています( ^ω^ ) よろしくお願いします。